綺麗な音を出したい!基本のクラリネットの吹き方

 

 

クラリネットをこれから始める人、始めたばかりという人に最初に覚えてもらいたいのがクラリネットの正しい吹き方。

 

適当に吹いても音は出ますが、綺麗な音とは程遠いことがほとんど。

 

せっかくクラリネットを吹くのなら、綺麗な音を出したいですよね。

 

今回は、基本的なクラリネットの吹き方をご紹介します。

 

リードとマウスピースを固定しよう!

クラリネットは、リードと呼ばれる薄い振動体とマウスピースをリガチャーと言う道具で固定して吹きます。

 

息を吹き込むことでリードが振動して、その振動が楽器に伝わることで音が鳴ります。

 

リガチャーの取り付け位置が上の方だとまとまりのある音が出やすいのですが、息を吹き込みにくいので、初心者の場合は音が鳴りにくく感じるかもしれません。

 

息が入りにくかったり、音が鳴りにくい場合には、リガチャーを下の方に取り付けてみましょう。

 

また、「キッ!」とリードの音が鳴ってしまう場合は、リードとマウスピースを締め付けすぎている可能性があります。

 

このような場合は締め付けを緩めます。

 

反対に、音がスカスカしている時は、息が漏れている可能性があるので、少しきつめに締めるといいでしょう。

 

 

 

実際にクラリネットを構えてみよう!

 

楽器の準備ができたら、実際にクラリネットを構えてみましょう。

 

正しい姿勢は、見た目に綺麗なだけではなく、綺麗な音につながります。

 

座って演奏する場合、椅子の半分程度の面積に浅めに腰掛けて、天助から引っ張られるようなイメージで背筋をグッと立たせましょう。

 

この時、足は肩幅に開いて床につけておきます。次に視線ですが、まっすぐ前もしくは、少し斜め上を見るようにして下さい。

 

慣れないうちは、クラリネットを構えた時に緊張して肩が上にあがると思います。

 

しかし、肩が上がると必要以上に体に力が入ってしまい、いい音が出せなくなるので、肩の力は抜くように意識しましょう。

 

ちなみに、クラリネットを吹くときは、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、口から息を吐きながらお腹を凹ませる腹式呼吸を行います。

 

やったことがない、もしくはうまくできないという場合は、楽器を持たずに床に寝転がり、まずは腹式呼吸を習得して下さい。

 

 

クラリネットを吹いてみよう!

 

マウスピースを実際にくわえてみましょう。

 

基本的なくわえ方は、舌の唇を軽く内側に入れて下の歯にかぶせます。その状態でリードが下になるようにした唇の上に乗せて、上の歯をマウスピースにしっかりとつけます。

 

このままだとマウスピースと唇の隙間から息が漏れてしまうので、隙間ができないように口を閉じましょう。

 

クラリネットを吹くときの口の形をアンブシュアといいますが、アンブシュアは優しく微笑むような口元が基本です。

 

頬や顎の下が緊張して硬くなったり、シワがよらないように気を付けましょう。

 

ここまで準備ができたら、姿勢を意識しながら実際に音を出してみます。

 

鼻から息を吸った時に、頬が膨らまないように気を付けて下さいね。

 

まずは、合奏や音合わせのチューニングの基本となるB♭の音を出してみましょう。

 

大切なのは正しい吹き方で練習すること

 

始めたばかりの頃は、音が出なかったり、キッ!とリードミスしたりすることもあると思います。

 

最初は音が出なくても大丈夫。

 

音は、コツさえつかめば鳴るようになります。

 

正しい吹き方で音が出なくても、練習を続ければ良い音が出るようになります。

 

反対に、適当な吹き方で音が出たとしても、のちに癖を直すために苦労します。

 

大切なのは、最初に正しい吹き方を身に付けて練習すること。
時間はかかりますが、その分、基礎がしっかり身につくので上達も早くなりますよ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加