クラリネット吹いていると伝えた時に「あ〜、クラっぽいね!」と言われたこと、ありませんか?

 

クラリネット奏者で「クラっぽい」と言われる人は、結構多いようです。

 

「クラっぽい」は果たして誉め言葉なのかどうか、クラリネット奏者のイメージをまとめてみました!

 

楽器の特徴から見る「クラっぽい人」

「オーケストラ楽器別人間学」(茂木大輔著)によれば

 

「選んだ楽器が性格を生み、

性格によって選ぶ楽器も違う」

そう。

 

この本で書かれている内容を参考に、楽器の特徴から見るクラっぽい人のイメージをまとめました。

 

クラリネット奏者は負けず嫌い!?

クラリネットは楽器の中では新しい部類で、他の原始的な木管楽器が苦手とする「ピアニッシモ(pp)」の音色も、難なく出せます。

 

「他の楽器にできないこともクラリネットならできる!」という優越感が潜んでいるからなのか?


  • プライドが高い人が多い
  • 負けず嫌いの人が多い

かも!!

 

また、クラリネットは基本的にはノンビブラートで演奏される楽器です。

 

まっすぐ伸びたクラリネットの音からは、「曲がったことが大嫌い」といったイメージも連想されます。

 

クラリネット奏者は頭がいい!?

クラリネットは伴奏だけでなくソロもこなす合奏の万能選手。

 

色々な場面でさまざまな演奏が求められます。

 

場面に応じて柔軟に対応していかなければいけません。

 

 

 

中高の吹奏楽部

 

「頭が良く成績がいい人」や「人付き合いが上手な人」などが多い様子。

 

クラリネットパートは人数が多いので、頭がいい人が少なからずいるという見方もできますが・・・。

 

とはいえ、さまざまな奏法に臨機応変に対応できるのは、頭の回転がいい方が多いからなのかもしれませんね。

 

みんなはクラリネットにどんなイメージを持ってる?

みんなが、クラリネットやクラリネット奏者に対してどんなイメージを持っているのかを調べてみました。

 

楽器の見た目のイメージ


  1. 楽器の色が、黒と銀だけで地味
  2. リコーダーっぽい

 

クラリネットは木管楽器なので、金管楽器のようにキラキラ輝いていません。

 

ライトアップされたステージ上でも楽器が目立たないので、そういった意味では「地味」というのも納得。

 

でも、黒ベースの本体に、磨き抜かれたキーがキラッと光るのは結構かっこいいんですよ!

 

また、「クラリネットあるある」の記事でも取り上げましたが、色や形がリコーダーに似ているからか「リコーダーっぽい」と言われることは多いですよね。

 

言われるたびに「またか!」と内心イラッとしちゃう人も多いのでは?

 

吹奏楽部出身者ならクラリネットだと一目見て分かりますが、演奏経験のない人には見分けがつきにくいのかも。

 

楽器の見た目に関しては、ネガティブなイメージが強めです。

 

参考ページ: 吹奏楽部経験者なら思わず納得!クラリネットあるある

 

演奏者のイメージ

  1. 黒髪、セミロングの美人。
  2. 色白黒髪で、髪の毛がサラサラ。
  3. 華奢で可憐
  4. 優しい

 

吹奏楽部の中でも一番多い楽器がクラリネット。

 

中・高の吹奏楽部では、メンバーのうちほとんどが「女性」だということから、見た目に関するイメージすべてが女性を意識したものでした。

 

「優しそう」とか「可憐」といったイメージについて

 

クラリネット音色からくるイメージでしょう。クラリオン音域の音色は、優しくて可憐といったイメージにぴったりです。

 

あと、なぜか「黒髪」で「髪の毛が長め」というイメージが強いですね。

 

クラリネットのプロ奏者の面々を見てみると、必ずしも黒髪&ロングヘアではないのでちょっと不思議ですが。

 

 

わたしの吹奏楽部時代

吹奏楽部時代のクラパートのメンバーたちは黒髪&ロングヘアの子が多かったように記憶しています。

 

美人な子も、クラパートの各学年に1人は必ずいたような・・・。

 

クラパートは人数が多いので、美人な子がいる可能性が必然的に高くなるといえそうです。

 

オーボエやファゴットなんて、各楽器で担当が1人しかいませんから。

 

でも、見た目でクラっぽいと言われたら、誉め言葉で使われている可能性が高そうです!

 

 

「クラっぽい」は果たして誉め言葉なのか?

調べてみて感じたのは、「クラっぽい」という言葉はポジティブなイメージで使われることが多いということ。

 

クラリネットの優しくやわらかな音色から「クラっぽい」と連想する人が多いようです。

 

また、特に何も考えずに「クラっぽい」と言葉を発している人も結構多いようです。

 

例えばこんな会話

 

楽器は何を担当しているの?


 

 

クラリネットです!


 

 

あ〜、クラっぽいね。


 

演奏者同士で顔を合わせた時、たいてい「楽器は何を担当しているの?」って会話が始まりますよね。

 

その時に答えた楽器に対して、何の気なしに「〇〇っぽいね」と返答するパターンです。

 

このパターンは、もはやお決まりと言ってもいいかもしれません。

 

「クラっぽいね」とだけ言われると

 

「えっ!?どういう意味・・・?」と言葉の裏をかいてしまいそうですが・・。

 

相手は何も考えていない、もしくは誉め言葉として使ったのだと受け取っておきましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加