クラリネットの音が、自分の理想通りに出ないと悩んでいる人は多いと思います。

 

でも、「ピーッ」や「ズーッ」といった雑音が入ってしまといった音色の悩みなら、ちょっとしたコツさえつかめば直せる可能性が大きいです。

 

リードミスがどうして起こるのか、ズーというノイズは消せるのかということについてまとめました。

 

ピーッとなるリードミスを直したい!

リードミスの原因は数えきれないくらいにたくさんありますが、初心者の場合は「アンブシュア」や「吹き方」を直すだけで良くなることが多いです。

 

リードミスを防ぐために、以下の5つのポイントを意識して吹いてみましょう。

 

マウスピースを深く加えすぎない

 

マウスピースは噛まずに包み込むようにする

 

息のスピードを上げる(息圧を上げる)

 

下顎を少し引いた状態で音を出す

 

ベルの下から音をまっすぐ出すつもりで息を吹き込む

 

参考ページ:音を安定させよう!クラリネットのアンブシュア3つのコツ

 

 

口元に力が入りすぎていたり、マウスピースを?みすぎていると息の通り道が狭くなってリードミスしやすくなります。

 

息の通り道を大きく広げるようなイメージで吹くようにしてください。

 

「演奏中にリードミスしたらどうしよう・・・」と不安になって、そーっと音を出すと息圧が弱くなります。

 

でも、リードミスは息圧が弱いほど起こりやすくなります!

 

プロの人がリードミスしにくい理由の1つは、息圧が強く、しっかりと楽器に息を吹き込むことができるから。

 

そーっと吹いても、思いっきり吹いても、リードミスの音量はほとんど変わりません。

 

リードミスしたくなければ、思い切って息を吹き込んで音を出してみましょう!

 

 

 

ズーッというノイズをなんとかしたい!

ズーッというノイズが入ってしまう原因は2つ考えられます。

 

タンポの状態を確認して、しっかりメンテナンスしておきましょう。

 

1.タンポに水が溜まっている

クラリネットを吹いていると、足元に水たまりのようなものができていることがありませんか?

 

あれは、クラリネットの内側についた水分(唾など)が下に落ちたものです。

 

筒の下から滴り落ちるくらいですから、当然、楽器の内側も水分がびっしり!

 

「ズーッ」という雑音の原因で一番多いのが、タンポについた水分です。

 

タンポというのは、トーンホール(クラリネット本体の穴)をふさぐための部品です。

 

タンポに水分がついていると、トーンホールを上手くふさぐことができずに「ズーッ」と濁ったような雑音が出てしまいます。

 

水分が穴をふさいで、「ジュブジュブ」という水の雑音が入ることもあります。

 

タンポについた水分は、「クリーニングペーパー」や「パウダーペーパー」を使えば簡単に取れます。

 

いずれも楽器専門店で400〜500円で手に入ります。

 

パウダーペーパーは、クリーニングペーパーに粉をつけたものです。

 

ズーッという雑音だけが気になるときは「クリーニングペーパー」、キーを押したときにベタベタするようなら「パウダーペーパー」という風に使い分けます。

 

どちらも使い方は同じで、トーンホールとタンポの間にペーパーを挟んで、上から軽くキーを押さえるだけ。ペーパーの位置を3〜4回変えて、水分を吸わせます。

 

ペーパーの位置を変えるときは、キーを押さえたままペーパーを引き抜かないようにしてください。

 

キーから指を離してから優しく引き抜くようにしないと、タンポが摩擦で傷ついてしまいます。

 

クリーニングペーパーで水分をとっても変わらないときには、スワブを使って管内の水分をしっかりふき取りましょう。

 

スワブとは、長い紐がついた細長い布のことです。

 

木管楽器の内側についた水分をふき取るために使うもので、楽器専門店に行けば1000円前後で手に入ります。

 

雑音の有無にかかわらず、クラリネットを使い終わった後は、必ずスワブを使ってお手入れするようにしてください。

 

 

スワブの使い方

まず最初に、マウスピースを外しておきます。

 

次に、片方の手でクラリネット本体を持ち、反対の手で管内にスワブを通します。

 

2〜3回スワブを通して、しっかり水分をふき取りましょう。

 

スワブを通す向きに決まりはありません.

 

水分が落ちる向きに合わせて、マウスピース側からベルに向かってスワブを通すと良いといわれています。

 

 

2.タンポが壊れている

スワブやクリーニングペーパーを使っても雑音が直らなかったり、開放音「ソ」で雑音がひどい場合は、タンポが壊れている可能性があります。

 

タンポが壊れていると、穴をしっかりふさぐことができず、空気が漏れて雑音が入ったり、音が鳴りにくくなります。

 

タンポの状態を確認してみてください。タンポが割れていたり、擦れてボロボロになっているようなら交換が必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加