クラリネットの音色はリードで決まる!選び方の3つのポイント

 

 

クラリネットを演奏する時に欠かすことのできないリード。

 

最初は安いもの、慣れてきたら高級なものを買えばいいと思っていませんか?

 

リードは、固さ、厚み、削り方によって、吹きやすさや音質が全然違います。

 

また、高級なリード=吹きやすい、というわけでもありません。では、どのようなリードを選べばいいのでしょうか?

 

リード選びでこだわりたい3つのポイント

リードで選びの時に、こだわりたい3つのポイントをご紹介します。この3つを抑えておけば、リード選びがしやすくなりますよ。

 

 

 

1.リード全体の厚さ

 

リードの厚みは、音色を左右します。薄いリードは明るく軽やかな音、厚いリードは豊かで深みのある音色が出やすいです。

 

リードは薄い1枚の板のようなもので出来ていますが、その厚みはさまざま。

 

厚みの目安として、リードには番号がつけられています。

 

数字が小さいものほど薄く、数字が大きいものほど厚くなります。

 

クラリネットは吹き込んだ息によってリードを振動させて音を出す楽器です。

 

そのため、初心者の場合や肺活量が不足していると、厚みのあるリードを振動させることは難しいです。

 

初心者の場合には、まずは薄めの2番または3番のリードを選ぶといいでしょう。

 

2.先端の厚さ

 

リードの先端部分の事をティップと呼ぶのですが、この部分が薄いほど柔らかな音色になり、厚いほどしっかりとした大きな音を出すことができます。

 

また、ティップは、厚みだけではなく傾斜も重要です。

 

先端部に向かって傾斜が緩やかなものは、音色のブレが少なく、音が出やすいので初心者にはお勧めです。

 

「リードが重たい、軽い」という会話を耳にすることがあると思いますが、リードが厚かったり、ティップの傾斜がきついものを「重い」と表現します。

 

重いという表現は、吹く為にかなりの肺活量が必要だったり、鳴らしにくいという事を意味することが多いです。

 

初心者の場合は軽めのリードがいいと言われるのは、音が出やすく吹きやすいためです。

 

3.マウスピースとの相性

 

クラリネットは、オーボエやファゴットのようにリードだけで音を出すのではなく、リードとマウスピースがセットになって音を出す楽器なので、マウスピースとの相性も重要。

 

そのため、マウスピースの形状に合ったリード選びをしなくてはいけません。

 

マウスピースとリードの組み合わせは無限大にありますし、人によっていいと思う組み合わせも違います。

 

自分のマウスピースの規格に合うリードを買痛いという場合は、楽器の専門店で相談してみましょう。

 

 

クラリネットのリードはどこで買う?

クラリネットのリードは、楽器の専門店や、インターネット通販で購入することができます。

 

色々な種類のリードを試してみたいというのが本音だと思いますが、10枚セットで売られていることが多いです。

 

楽器の専門店には、試し吹き用のリードが用意されていることもあるので、色々なリードを試してみたい人にオススメです。

 

また、クラリネットを演奏している仲間がいるようなら、リードを1枚交換してもらって、吹き心地を比べてみてもいいかもしれません。

 

こちらは、クラリネットのリードが購入できる通販サイトです。

 

メーカーごとのリードの特色や、音質の特徴、ティップの形状などが細かく説明されています。

 

参考ショップ:楽器堂 管楽器専門

 

自分に合ったリードの見つけ方は?

 

クラリネットのリードは、同じメーカーの物であっても、1枚1枚全然違います。

 

いきなり背伸びして厚みのあるリードを使ってしまうと、音が出しにくく、クラリネットを演奏する楽しさも半減してしまうかもしれません。

 

初心者の場合は、音質よりもまず、音の出しやすさを重視してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加