クラリネットを修理したい!どこに頼む?値段は?

 

 

クラリネットはとても繊細な楽器です。

 

音が出なくなったときに修理するのはもちろんですが、本体は定期的にメンテナンスに出して状態を整えておきたいところ。

 

しかし、いったいどこに頼んだらいいのか分からないという人は多いと思います。

 

また、値段がどれくらいかかるかも気になりますよね。今回はそんな修理にまつわる疑問にお答えします。

 

クラリネットの修理はどこに頼む?

 

まずは、クラリネットを購入した販売店に問い合わせてみましょう。

 

購入したお店でクラリネットの修理に対応できない場合には、メーカーにクラリネットを送って修理してもらうことになります。

 

流れとしては、まずクラリネットを取り扱っている楽器店に修理依頼をして、楽器店で修理するかメーカー返送かを確認します。

 

修理後にクラリネットを実際に吹いてみて、状態を確認しましょう。

 

また、近くに楽器店がない場合にはインターネットを利用して修理を依頼することも出来ます。

 

クラリネットの修理を専門に取り扱っている楽器店もあるので安心してお任せできますね。

 

ただし、クラリネットを宅配便で送ることになるので、自分で丁寧にしっかり梱包するなどの手間も必要になりますし、配送時のトラブルリスクも0とはいえません。
実際に楽器店に持ち込むか、インターネットで申し込んで郵送して修理するかはよく考えて選択しましょう。

 

 

 

クラリネットの修理で不満が合ったらどうする?

 

修理が終わったら、修理箇所だけではなくて他の部分もチェックします。

 

お店で直接受け取る場合は、その場で一通りの音階を何度か吹いてみて、出にくい音がないかどうか確認しましょう。

 

クラリネットは細かい部品がたくさん集まってできている楽器なので、どこかのバランスが崩れると音が出にくくなったり音程が変わってしまう事があるからです。

 

修理して戻ってきた楽器に違和感があったり、不満があるならしっかりと伝えて再度調整してもらいましょう。

 

再度調整するためにお金を取られるという事はありませんのでご安心を。
納得のいく状態になるまで調整してもらって下さいね。

 

 

クラリネットの修理代金っていくらぐらい?

 

細かい部品が多く、キーの数も多いクラリネットは修理となると高額になってしまう事も。

 

しかも、クラリネットの修理代金は、どこを直すか、いくつ直すかによって値段が違います。

 

そのため、料金表では〇円という風にはっきり書いてはおらず、〇円〜という表記がされています。

 

あるキーの音が出ないから、そのキーの部分だけ直してもらうつもりで修理に持っていったら、他の部分の技術的な調整も必要だったというのはよくあること。

 

事前に見積もりを取っておくと安心です。その通りの金額にならないことも多いですが、おおよその金額は分かりますし、見積もりを大きく超える場合には連絡をもらうことも出来ます。

 

一般的なB♭クラリネットの場合、すべてのキーを外して管体やキーを掃除して、タンポの付け替えを行うと3万円〜5万円というところです。
ジョイントコルクがグラグラしてしまうという場合のコルク交換は1000円程度、タンポも1か所1000円程度。

 

依頼するお店によって多少の差はありますが、料金表を事前に確認しておくと安心です。

 

壊れる前にメンテナンス!

 

全くメンテナンスしないままに、修理するまで放置という方が多いかもしれませんが、これでは楽器本来の音が出せないことがあるばかりか、修理に出した時の修理代金がとても高額になることが多いです。

 

壊れるまで放置、ではなくてなにも違和感がなくても定期的にメンテナンスに出す方が壊れる可能性がぐんと低くなるので、修理に何万円もかける必要がなくなります。

 

バランス調整だけなら数千円で行っている楽器店も多いので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加