クラリネットで良い演奏をするためには、楽器を良い状態で保つ必要があります。

 

まったく手入れされていない高級クラリネットよりも、しっかり手入れされた安価なクラリネットのほうが良い音が出ます。

 

クラリネットの状態をベストに保つには、どうやって手入れすればいいのかをまとめました。

 

基本のお手入れ

「クラリネットの手入れなんて素人にできるの?」
という声を聞くことがありますが、毎日のお手入れはとってもシンプル。

 

基本的な手入れは、楽器を使った後にクラリネットの内側と外側を拭くだけでOKです。

 

内側と外側、それぞれお手入れのコツをまとめました。

 

内側を手入れしてみよう!

吹き終えた後のクラリネットの内側には、水分がびっしりついています。

 

楽器の内側にスワブを通して、水滴をきれいに拭き取っておきましょう。

 

スワブは、それぞれのパーツに合ったサイズのものを用意します。

 

YAMAHAの場合

 

「クリーニングスワブ(S)」はマウスピース。

 

「クリーニングスワブ(M)」は管体のお手入れに向いています。

 

バスクラリネットの管体には、より幅広の「クリーニングスワブ(L)」もあります。

 

1回通しただけではきれいに水分が拭き取れないので、3〜4回スワブを通すようにしましょう。

 

マウスピース

 

ジョイント部分からスワブを通します。

 

マウスピースの先端を傷つけないように、無理に力をかけずにゆっくり引き抜くのがポイントです。

 

 

 

管体

 

マウスピースと違ってスワブを通す向きに決まりはありません。

 

しかし、マウスピース側からベルに向かってスワブを通すのが良いと言われています。

 

息の流れに沿ってスワブを通した方が、水滴がきれいに拭き取れるからです。

 

スワブを通さないままクラリネットを片付けてしまうと、タンポや管内が傷んだり、カビが生える原因になります。

 

最悪の場合には、楽器の内側が腐食して割れてしまうことも・・・!

 

スワブを通すだけなら、1〜2分あれば十分です。

 

大切な楽器を長持ちさせるためにも、使用後はスワブを通して管内に水分を残さないようにしましょう。

 

なお、管体だけでなくキーにも水分が溜まります。

 

そのまま放置するとタンポの寿命を縮めてしまうので、クリーニングペーパーやパウダーペーパーを使って水分を拭き取っておきましょう。

 

参考ページ:1.タンポに水が溜まっている

 

外側を手入れしてみよう!

楽器を使用した後は、表面も手入れしてあげましょう。

 

組み立て時にコルクグリスを使った場合

 

演奏後にジョイント部分についているコルクグリスをふき取ります。

 

ただし、スワブで拭うのは絶対にNG!

 

スワブについたコルクグリスを管体に塗り広げてしまうことになるからです。

 

ティッシュやぼろ布で構いません。

 

クラリネット管体の表面

 

「ポオリシングクロス」など柔らかい布で汗や皮脂を拭き取っておきます。

 

キーやタンポを押さえつけないように、優しく拭き取るようにしてください。

 

キーが黒ずんでいるときは、「銀磨き用クロス」を使って磨きましょう。

 

ただし、研磨剤入りのものはキーの表面を削ってしまうので、研磨剤が入っていないものを選ぶようにしてください。

 

楽器店のほか、アクセサリーショップなどでも手に入ります。

 

プロ奏者のクラリネットは、本体もキーもピカピカ。

 

ピカピカに磨かれたクラリネットからは、なんだかよい音が出るような気がしませんか?

 

使用後に表面をピカピカに磨いてあげれば、クラリネットに愛着がわいて、ますます演奏が楽しくなるかもしれませんね!

 

 

季節に応じた手入れ

クラリネットは木でできているので温度や湿度の変化に敏感です。

 

そのため、季節に応じた手入れが必要なこともあります。

 

特に注意してほしいのが、空気が乾燥する冬場。

 

まずは、乾燥による割れ。

 

クラリネットがカラカラに乾燥した状態で息を吹き込むと、急激な湿度差のせいでクラリネット本体が割れてしまうことがあります。

 

湿度変化による楽器の割れを防ぐために

 

 

管内に専用のオイルをしみこませておくのがおすすめです。

 

木管楽器用の専用オイルは、楽器専門店で手に入ります。

 

乾燥は、割れだけでは「木が痩せる」原因にもなります。

 

乾燥して木が痩せると、ベルのジョイント部分がグラグラになり、ひどい時にはベルが抜け落ちてしまうことも。

 

接着剤を使ってくっつける方法もあるのですが、冬場に一時的に木が痩せているだけなら、簡単な方法で応急処置できます。

 

必要なものは密閉できる袋とティッシュの2つ。

 

ジップロックなど密閉できる保存袋に「濡らして硬く絞ったティッシュ」と「ベル」を一晩一緒に入れておくだけでOKです。

 

こうすることで、痩せた木がティッシュの水分を吸って元に戻ります。

 

ただし、上管や下管はキーやタンポにも影響が及んでしまう可能性があるので、絶対にこの方法を行わないでください。

 

キーやタンポなどがついていない「ベル」限定の対処法です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加