舌とリードの触れ方でクラリネットのタンギングは速くなる!

 

 

初心者だけではなく、長年クラリネットを演奏している人も悩んでいることの多いタンギング。

 

いくら練習しても速くできないと悩んでいませんか?

 

反対に、タンギングぐらいできなくても大丈夫だと思っていませんか?

 

綺麗な音色は綺麗なタンギングがあってこそ。今回は、タンギングのコツをご紹介します。

 

そもそもタンギングとは

 

タンギングは、舌で軽くリードに触れることで音を止める技術です。

 

クラリネットは息を吹き込んで演奏する楽器ですが、しっかりと音を止める(タンギング)ことができなければ、メリハリのない演奏になります。

 

せっかく音色が綺麗でも、タンギングが出来ていないと台無しになります。

 

ちなみに、クラリネットの演奏でタンギングというと、トゥトゥトゥトゥと細かく音を出すことをイメージする人が多いですが、実際はいつでもどこでも意識すべきものです。

 

楽譜内でタンギングを指示されている時以外の、音の出だしもタンギングが肝心です。タンギングがしっかりできていると、音の立ち上がりがはっきり綺麗になるだけでなく、タイミングも合いやすくなります。

 

 

 

音を出さずにタンギング練習する!

 

速いタンギングがうまくできないという人は、まずは口だけで発音してみましょう。

 

この時の発音は「トゥトゥトゥ」、「ティティティ」、「テ、テ、テ」どれでも構いません。

 

自分が発音しやすいもので大丈夫です。

 

楽譜に書かれているテンポの速さで、まずは口でスムーズに言えるようになりましょう。

 

当たり前ですが、口で言えないものはクラリネットでも吹けません。

 

口でスムーズに言えるようなら、実際に楽器をくわえて発音します。

 

音は出さなくていいので、舌とリードの触れ方を意識してタンギングしましょう。

 

 

舌とリードの触れ方のコツ

 

タンギングの準備段階、すなわち舌とリードがふれている状態から、舌を離した瞬間に音が出ます。

 

ロングトーンを練習する時の様にしっかりと一定量の息を入れて、息の流れを止めないままに軽く舌をつきましょう。

 

息の量が一定になると、音程が安定するので、音程のブレが少なくなります。

 

また、舌とリードの触れ方ですが、これは舌の長さによってベスト位置が違います。

 

下の先端部分で触れるのが丁度いい人、舌の先端よりも面積の広い手前部分で触れるのが丁度いい人など様々です。

 

ちなみに、一般的には下の短い人は舌先、舌の長めの人は舌先より手前の方がリードの振動をコントロールしやすいと言われています。

 

さらに、見落としがちなのがリード選びです。
リードが薄すぎるとタンギングがしにくくなります。

 

初心者の場合は音の出やすさを重視して薄めのリードを好む傾向にありますが、あまりにも薄すぎると息の圧力でリードとマウスピースがくっついてしまいタンギングがしにくくなってしまいます。

 

しかし、反対に厚すぎても、リードに振動が伝わりづらくタンギングがしにくいです。いろいろ試してもタンギングがうまくいかない場合は、リードを変えて吹いてみるというのも一つの手です。

 

速さだけでなく綺麗さも重視する!

 

クラリネットの演奏では、楽譜内で速いタンギングを求められる機会が多いと思います。

 

そのため、楽譜に書かれたテンポ通りに速くタンギングすることだけに集中してしまうのは無理のないことです。

 

しかし、速さだけに気を取られると、アンブシュアが崩れたり、舌とリードの触れ方がアンバランスになってしまうので、音程にブレが出やすくなります。

 

まずは速くタンギングすることよりも、舌とリードの触れ方や息の入れ方を意識することから始めましょう。

 

そうすることで、自然と安定感のあるタンギングが出来るようになってきます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加