はじめてでも大丈夫!クラリネットの運指表を覚える3つのコツ

 

 

 

クラリネットにはキーがたくさんあるので難しく見えますが、小学校時代に吹いたリコーダーと同じように、このキー(穴)とこのキー(穴)を押さえると、この音が出る…というような決まりがあります。

 

運指表は、吹きたい音を出すための説明書のようなものです。クラリネットを吹けるようになりたいという人は、まず運指表をマスターしましょう。

運指表を覚えるコツ1 まずは指のポジション確認!

運指表を見て指のポジションを練習する場合は、指の動きに集中するために最初は音を出しません。

 

ただし、正しい姿勢を体に覚えさせるためにも、実際に吹くときと同じような姿勢で構えてキーを押さえるようにしましょう。

 

運指表にはいろいろなものがありますが、YAMAHAで公開されている運指表が見やすいのでオススメです。

 

クラリネットのイラストが描いてあり、抑えるキーを赤色で色づけしてあります。1つ1つ確認しながら、赤くなったキーを押さえてみましょう。

 

参考URL:YAMAHA楽器解体全書

 

 

 

 

 

運指表を覚えるコツ2 実際に音を出してみよう!

 

音を出さずに指のポジションを確認したら、実際に音を出してみましょう。

 

楽譜にある音符と明らかに音程が違う場合には、ポジションが違っている可能性があります。

 

また、しっかりキーを押さえないと、キーの穴が塞ぎきらずに正しい音が出ませんから、キーの中央を押さえるようにしましょう。

 

音を出す時には、息を細く、細く出すようにすると、キーッという甲高い音が鳴りにくくなります。

 

ただし、目的は運指表を覚えることで、綺麗な音を出すことではないので、音の綺麗さよりも、正しい指使いが出来ているかを重視して下さい。

 

運指表を覚えるコツ3 簡単な曲を運指表なしで挑戦!

運指表を見ながら音程を確認したら、簡単な曲を吹いてみましょう。

 

カエルの合唱など、何も見なくても音符を口ずさめるような曲なら、次に出す音が頭の中でイメージできますよね。あとは覚えた運指表に沿って、指を動かすことができるかどうかです。

 

指が全然動かない、という場合は、コツ1、2に戻って再度覚え直しましょう。自分が出したい音符の音をスムーズに出せれば、運指表を覚えるというクラリネットの第一ステップクリアです。

 

繰り返し指の動きを練習しよう!

 

クラリネットの運指表を覚えるためのコツは、何度も繰り返し練習することです。

 

音を出さずに指のポジションを確認したら、実際に音を出してみる…
という事を繰り返すうちに、運指表を見なくても指がスムーズに動くようになりますよ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加